昭和元禄落語心中 -助六再び篇-|アニメ無料動画を合法に視聴する方法まとめ

©雲田はるこ・講談社/落語心中協会

 

\この作品のおすすめサービスランキング/
配信サービス 配信状況 無料期間
アニメ放題 見放題 1ヶ月間無料
月額400円
▶ 今すぐ再生

 

話数 全12回
声優
キャスト
(与太郎/三代目助六)関智一
(有楽亭八雲)石田彰
(小夏)小林ゆう
(信之助)小松未可子
(松田)牛山茂
(樋口)関俊彦
(アマケン)山口勝平
(大親分)土師孝也
(ヤクザ兄貴)加瀬康之
(アニさん)須藤翔
制作陣 監督:畠山守
原作:雲田はるこ
アニメーション制作:スタジオディーン
キャラクターデザイン:細居美恵子
音楽:澁江夏奈

あらすじ
刑務所を出所後、八代目八雲に拝み倒して住み込みの弟子になった与太郎。10年の間、芸を磨いた与太郎は真打へと昇進し、「三代目助六」を襲名する。師匠である八雲と二代目助六の娘・小夏の中にいる助六を変えるため、与太郎は己の落語を見出そうとする。

\この作品のおすすめサービスランキング/
配信サービス 配信状況 無料期間
アニメ放題 見放題 1ヶ月間無料
月額400円
▶ 今すぐ再生
FODプレミアム 見放題 2週間無料
月額888円
▶ 今すぐ再生
U-NEXT 見放題 31日間無料
月額1990円
▶ 今すぐ再生
TSUTAYA DISCAS 宅配(借り放題) 30日間無料
月額1865円~
▶ 宅配レンタル

第一話

八代目八雲に弟子入りして早十年、ひよっこだった与太郎も真打に昇進した。襲名するのは、八雲の兄弟子であり小夏の父親でもある「助六」の名だった。順風満帆のようにも見えるが、そう簡単なものでもなく…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第二話

与太郎は前科者のヤクザだった過去を週刊誌に暴かれた。落語界の一大スキャンダルにワイドショーは大騒ぎとなるが、当の本人はどこ吹く風。興味がなさそうに高座に上がるが、落語にははっきりと焦りの色が窺えた。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第三話

与太郎は「自分の落語」が見つからない上に、小夏と親分の関係を勘繰り始める。それでも、邪念を振り払うかのように「大工調べ」の稽古に励んだ。与太郎が棟梁が啖呵を切る場面を演じていると、樋口が口を挟み…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第四話

与太郎は、信之助にとって自慢の父ちゃんだ。人気の噺家となった与太郎はテレビ番組にも引っ張りだことなる。子供番組で与太郎が「寿限無」を披露すれば、子供たちがこぞって真似をし出すほどだった。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第五話

与太郎は、快進撃の契機は八雲の「居残り」だという。もやもやを振り払ってくれたその噺を、2カ月後に控える八雲との親子会で披露することになった。「居残り」の左平次は噺家の「我」が最も出るというが…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第六話

八雲は「反魂香」を演じ終えると同時に倒れ込んだ。すると、ろうそくの並ぶ道で二代目助六に首を絞められる夢を見る。与太郎の声で意識を取り戻したが、もはや高座に上がることはかなわなかった。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第七話

高座で倒れてから一週間が経過。八雲はようやく目を覚ました。だが、すっかり意気消沈した様子で、口を開けば「落語はやらない」の一点張り。八雲は落語協会会長を辞職して、松田にも暇を出そうとしていた。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第八 話

萬月は上方落語に復帰し、与太郎は弟子を取るようになった。八雲の引退発言が引き金となり、誰も彼もが八雲の芸、八雲と共にあった落語を残そうとする。樋口もまた、八雲の資料集めに奔走するのだが…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第九話

与太郎にとって、時代が変わろうとも揺るぎないものは、八雲の存在だ。刑務所で聴いた「死神」に天啓を受け、どこまでもついていくと決心したという。そんななか、八雲は落語と自らの死に思いを馳せる。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第十話

終演後の雨竹亭が火災に遭い、ひとり高座に上がっていた八雲が大やけどを負う。一命を取り留めたが、復帰はますます難しくなった。災難はそれだけにとどまらない。東京でたったひとつの寄席が全焼してしまったのだ。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第十一話

小夏と縁側で与太郎のラジオを聴いていた八雲は、不意に迷い込んだろうそくの並ぶ道で、二代目助六と再会を果たす。そう、ここは三途の川だ。助六に案内されながら八雲は冥途を目指すことになった。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第十二話

15年が経過した。与太郎と小夏の子供・信之助は二つ目に昇進していた。また、小雪は高校生になった。噺家として、菊比古、助六、八雲の名を受け継いだ者たちは、それぞれの想いを胸に刻んでいた。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です