さんかれあ|アニメ無料動画を合法に視聴する方法まとめ

©はっとりみつる・講談社/さんかれあ製作委員会

 

\この作品のおすすめサービスランキング/
配信サービス 配信状況 無料期間
アニメ放題 見放題 1ヶ月間無料
月額400円
▶ 今すぐ再生

 

話数 全12回
声優
キャスト
(降谷千紘)木村良平
(散華礼弥)内田真礼
(左王子蘭子)矢作紗友里
(降谷萌路)井口裕香
(降谷呶恩)荻野晴郎
(降谷茹五郎)斎藤志郎
(散華団一郎)石塚運昇
(散華亞里亞)浅野まゆみ
(モギ)林沙織
(ヤスタカ)岩瀬周平
制作陣 監督:畠山守
原作:はっとりみつる
アニメーション制作:スタジオディーン
キャラクターデザイン:坂井久太
音楽:橋本由香利
総作画監督:坂井久太、日向正樹

あらすじ
ゾンビをこよなく愛する高校1年生、降谷千紘の夢は「ゾンビっ娘とチュッチュする」こと。事故死した飼い猫・ばーぶの蘇生を試みていたある日、お嬢様高校に通う美少女、散華礼弥と出会う。千紘の実験に興味を持った礼弥は、ばーぶの蘇生を一緒に試みるが…。

\この作品のおすすめサービスランキング/
配信サービス 配信状況 無料期間
アニメ放題 見放題 1ヶ月間無料
月額400円
▶ 今すぐ再生
U-NEXT 見放題 31日間無料
月額1990円
▶ 今すぐ再生
TSUTAYA DISCAS 宅配(借り放題) 30日間無料
月額1865円~
▶ 宅配レンタル

#1 「私が・・・ゾンビに・・・なったら」

降谷千紘はゾンビっ娘との萌えシチュエーションを夢見るちょっと変わった高校生。そんな千紘は、交通事故で死んだ愛猫・ばーぶを生き返らせようと怪しげな実験に没頭していた。そして、蘇生秘薬は完成しつつあった。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#2 「成功・・・してた」

ある夜、千紘は少女の姿を目撃する。それはお嬢様学校に通う美少女・散華礼弥で、人には言えない悩みを吐き出すため、井戸に向かって叫んでいたのだ。出会った2人は意気投合し、ばーぶを生き返らせようとする。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#3 「さんか・・・れあ」

千紘と礼弥は、蘇生秘薬を作り上げるが失敗したと思い、ばーぶの葬儀を行うことに。しかし、夜中に出歩いていた礼弥に、彼女の父・団一郎が激怒し、一切の外出を禁止してしまう。さらにとんでもないことを言いだす。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#4 「普通の・・・女の子・・・」

父との口論の末に、礼弥は自らを悲嘆し、毒が入っているとされる秘薬を口にする。しかし、礼弥は翌朝目覚め、家を抜け出す。それを父に発見されて鞭を振るわれ崖から転落し、はかなくもその命を散らしてしまう。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#5 「ゾンビって・・・コトは・・・」

一旦は命を落としたが、蘇生薬を飲んでいたため、ゾンビとして蘇った礼弥。しかし、やがて死後硬直が始まってしまい、体がだんだんと動かなくなってきた。千紘は、ゾンビっ娘との萌え会話に一瞬テンションが上がる。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#6 「あなたに・・・出会えたから」

千紘の家にゾンビDVDを借りに来た千紘の幼馴染み・蘭子に襲いかかった礼弥。そこへ飛び込んできた千紘の唇を奪ってしまった。夢にまで見た「ゾンビっ娘との萌えシチュエーション」がかなった千紘だが…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#7 「おさな・・・なじみ・・・」

ゾンビオタクで人間の女の子には見向きもしなかった千紘が、責任を取るとしてゾンビっ娘・礼弥と同居をすることに。千紘に想いを寄せているのだがそれを言いだせないでいる蘭子の心中は穏やかではない。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#8 「偽りの・・・自由・・・」

一旦は命を落としたもののゾンビとして蘇った礼弥。千紘と一緒に暮らす礼弥は、ある日、千紘にショッピングへと連れていってもらい、普通の女の子としての時間を楽しむ。そんな2人を怪しい影が監視していた。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#9 「母の・・・手・・・」

千紘の妹・萌路は、12歳の中学1年生にして、家事全般をクールにこなすしっかり者だ。兄の趣向には距離を置いている萌路だが、少し変わった新たな同居人である礼弥との距離感にやや戸惑い気味だった。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#10 「強い・・・思い・・・」

さらわれた千紘が連れていかれたのは散華家だった。そして、礼弥の母・亞里亞が千紘を出迎えた。亞里亞は団一郎の後妻で礼弥の実母ではない。そんな彼女はゾンビになった娘をなぜか喜んでいるようだった。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#11 「特別・・・なんかじゃ・・・ない」

亞里亞の誘惑から逃れたのも束の間、千紘は今度は礼弥の父・団一郎に呼び出された。礼弥を溺愛する団一郎は、どちらが礼弥に相応しいか勝負をしようと言うのだ。それは、団一郎がたしなんできたフェンシングだった。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#12 「あの瞬間・・・俺は・・・」

千紘と団一郎のフェンシング対決は壮絶を究めた。団一郎は千紘にとどめを刺そうとするが、礼弥に止められる。2人は和解し、千紘は「治療方法が見つかるまで」という期限付きで、礼弥を連れて帰ることを認められた。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です