惡の華|アニメ無料動画を合法に視聴する方法まとめ

©押見修造・講談社/「惡の華」製作委員会

 

\この作品のおすすめサービスランキング/
配信サービス 配信状況 無料期間
アニメ放題 見放題 1ヶ月間無料
月額400円
▶ 今すぐ再生

 

話数 全13回
声優
キャスト
(春日高男)植田慎一郎
(仲村佐和)伊瀬茉莉也
(佐伯奈々子)日笠陽子
(山田正和)松崎克俊
(木下亜衣)上村彩子
浜添伸也
原紗友里
小林愛
中博史
飛田展男
制作陣 監督:長濱博史
原作:押見修造
アニメーション制作:ZEXCS
キャラクターデザイン:島村秀一
音楽:深澤秀行
総作画監督:島村秀一

あらすじ
ボードレールに心酔する中学生・春日高男が、ひそかに想いをよせる佐伯奈々子の体操着を盗んでしまうことから事件は始まった。高男はその件で仲村佐和に脅されるが、一方で奈々子との交際も始まってしまい苦悩する。歪んだ三角関係は一体どこへ向かうのか?

\この作品のおすすめサービスランキング/
配信サービス 配信状況 無料期間
アニメ放題 見放題 1ヶ月間無料
月額400円
▶ 今すぐ再生
FODプレミアム 見放題 2週間無料
月額888円
▶ 今すぐ再生
U-NEXT 見放題 31日間無料
月額1990円
▶ 今すぐ再生
TSUTAYA DISCAS 宅配(借り放題) 30日間無料
月額1865円~
▶ 宅配レンタル

第一回

息が詰まる小さき町の片隅で、崇高なる書物の内に響き渡る叡智の羽音だけが、俺の精神に安らぎと尊厳を与える。静謐な賢者の柩をこじ開け、馨しき禁断の蕾が零れ落ちる時、俺を堕落へと追い立てる。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第二回

見よ、街を灼き尽くさんと地平線にその身を横臥へる太陽が、俺を嘲笑っている。悪魔に魂を売り渡し、聖女の上衣を踏み躙った俺を。清廉潔白の民よ、罪深い俺を赦すな。もとより逃げ場のない俺なのだが。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第三回

万物に平等に降り注ぐはずの朝日にさえも 我が魂は見放された。一片の輝きすらも届かぬこの深淵では、疑念と欺瞞が呪いのように渦巻いてる。亡霊が沈鬱な執行人さながらに粛々と黒光りの断頭台へと俺を誘う。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第四回

夜な夜な現れては消える、青い夢の女。我が天使の微笑みに、癒やされてゆく我が魂。如何に人々が我を蔑まんとも、幸福と光に満ち溢れた我が天使よ。絶望に打ちのめされたこの憐れな男に慈愛が投げ掛けられれば…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第五回

大空の下で、剣呑さの欠片も感じさせぬ、浮かれたこの日曜の町中で、今この瞬間にも、悪魔めが、俺に手薬を引いている。この皮一枚の下には、俺自身にすらも制御のできぬ恐ろしい獣がいて悪業の機会を窺っている。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第六回

苦悩、恥辱、後悔、啜り泣き。俺の魂を腐蝕させている全ての闇を愛し君、お前は知っているだろうか。お前がその美しく白い腕で俺を抱く時、俺はお前を欺いているに等しいことを。しかし、俺には勇気がなく…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第七回

切ないほどに苦しく真摯な告白のその後、即座に裏切りを果たす。遅すぎる懺悔は、もはや永久に届くまい。この身に宿った醜悪極まる欲望の断片を手当たり次第、そこかしこにぶち撒けては地獄へ落ちていくのみ。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第八回

太陽が地平線の上を揺らめく頃、俺に課せられた激しい苦悶は、いつしか甘美な快楽へと移りゆく。驚くべきことだが、退けてきた悪夢が今となっては名残惜しい宴の後のように、俺の心に羨望の念さえ湧き起こす。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第九回

俺たちは永劫不滅の報いを受けて、光に満ちた楽園から追放されたアダムとイブの因果の本に無慈悲にも行き場のない路上に打ち捨てられた。俺たちは、この先も果てのない苦しみを強いられるだろう。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第十回

悪魔が来て少年に問う。全てが虚構に過ぎぬことを思い知らされた今宵、この陰惨な苦しみの瞬間。今の今まで、己を保つために信じてきた僅かばかりのささやかな哲学が崩壊するさまは、どんな気分だ。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第十一回

鉛のように重たい雨が、硝子窓を激しく叩いている。瀕死の罪人を情け容赦なく責め立てるように。夏の湿り気が纏わりついて体の自由を奪い取り、僅かな過失も赦さない不文律の檻の中に彼の者を押し込めてしまうのだ。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第十二回

かつてあの女が描いて見せた黄昏の魅惑に再び相まみえることができるのなら、それが天国でも地獄でも一向に構わない。もはや 足掻いたり騒いだりすることに何の意味もないことは、いやというほど承知の上だ。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第十三回

過ぎし日の甘い悔恨、狂おしい春の暴風雨。あの地獄の季節に置いてきた若さゆえの過ちの代償をいつの間に清算した気になっているのか。我ら決して逃れることは叶わない。我らの魂に押された贖罪の烙印だ。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です