獣神演武 HERO TALES|アニメ無料動画を合法に視聴する方法まとめ

©HUANG JIN-ZHOU・GENCO・FLAG ©2007 獣神演武製作委員会

 

\この作品のおすすめサービスランキング/
配信サービス 配信状況 無料期間
アニメ放題 見放題 1ヶ月間無料
月額400円
▶ 今すぐ再生

 

話数 全26回
声優
キャスト
(岱燈獅麗)鈴村健一
(慶狼伯烽)銀河万丈
(劉煌孟甜)櫻井孝宏
(鳳星銘徳)泰勇気
(虎楊蒙骸)小山力也
(将鶴張楊)速水奨
(麟盟詔韓)甲斐田裕子
(頼羅青蓮)神田朱未
(汰臥帝)福山潤
(史明)二又一成
制作陣 監督:関田修
アニメーション制作:スタジオフラッグ
キャラクターデザイン:荒川弘
音楽:寺嶋民哉
原案:黄金周

あらすじ
時は乱世。賢帝国の武人も一目置く六伽宗の総本山・蓮通寺。「破軍」の宿業を持つ少年・岱燈はこの寺で武芸を磨いていた。だが、ある日、蓮通寺は「貪狼」の宿業を持つ賢帝国将軍・慶狼に襲撃される。ここに伝説の二天神尊が相まみえ、争乱の幕が上がる。

\この作品のおすすめサービスランキング/
配信サービス 配信状況 無料期間
アニメ放題 見放題 1ヶ月間無料
月額400円
▶ 今すぐ再生
U-NEXT 見放題 31日間無料
月額1990円
▶ 今すぐ再生

第壱幕 破軍吼ゆる刻

北辰七星の「破軍」「貪狼」の二星は、相争い地上の覇を唱える荒星だった。「破軍」の宿業を背負う岱燈は蓮通寺で暮らしていた。「貪狼」である賢帝国の将軍・慶狼が蓮通寺に赴き、二星が賢嘉爛舞の前で激突する。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第弐幕 武曲の宿業

「破軍を始末せよ」との慶狼の命を受けた薄気味の悪い男・史明は蓮通寺へと向かう。千里眼の魔刀「萬祥史明」の妖しい術によって頼羅を操られ、また自らも動きを封じられた岱燈は窮地に立たされる。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第参幕 操気の契り

岱燈、劉煌、頼羅の3人はある港町に立ち寄った。岱燈らは、豪雨により巨石「聖熊」が今にも崖から崩れ落ちそうだとの知らせを聞き、渦津団に町の人を避難させてくれと頼むのだが、断られてしまう。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第四幕 五神闘士

岱燈たちは旅先で、賊の用心棒をしてる鳳星という弓使いと出会う。鳳星は調子のいい男で、頼羅に一目惚れする。その夜、鳳星の前に現れる劉煌の紋様に反応し、彼の弓を持つ手の甲に「禄存」の紋様が浮かび上がる。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第伍幕 病みし帝国

賢帝国の重臣・闘核は蓮通寺を襲った慶狼の行動が賢嘉爛舞を狙ったものではないかと疑念を抱く。しかし、汰臥帝は闘核には追求する術がなかった。一方、岱燈は景州で一番大きな町で、李延という少年と出会う。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第六幕 紅き英傑

鳳星は岱燈たちを連れ、霜纏弓を手に入れた報告をするため師匠・紅英を訪ねた。「益陽に知識の泉あり」と謳われる人物である紅英は、「自分を律することができなければ、使う資格はない」と岱燈に厳しく忠告する。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第七幕 哀しみの禄存

史明に捕まった鳳星は「岱燈を殺さなければ紅英もろともお前を殺す」と脅されるが、隙を突いて自力で脱出。史明はすぐに屍人を追っ手として放つ。屍人には普通の攻撃が通用せず、鳳星には逃げるしか術がなかった。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第八幕 渓谷に木霊するは…

親代わりの紅英を失った悲しみからか、鳳星の様子がおかしい。岱燈たちは、鳳星を元気づけようと相談しあう。そして岱燈は、「腹いっぱい食えば元気が出る」と1人でさっさと食材を探しにいってしまう。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第九幕 帝都にさす影

岱燈たちは統悠寺で劉煌の師匠・劉匠と賄いをしている美女・麟盟に出会う。その夜、岱燈は「今から慶狼を倒しにいく」と言いだし、劉煌の必死の制止も聞き入れない。見かねた麟盟が岱燈に手合わせを申し出るが…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第拾幕 孤独なる皇帝

岱燈は皇帝の人となりを自ら確かめようと思い立ち、皇帝の居城・蔡緋城にひとり忍び込んだ。そして城内を徘徊しているうちに足を滑らせ、屋根から見たことのないような豪華な浴室へと落下してしまう。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第拾壱幕 北辰紀記

岱燈は操気法・内伝の気の練り方を掴みかけていたが、慶狼には及ばない。そんな岱燈を劉匠は天儀院に連れていき、賢帝国の歴史と破軍の関わりを岱燈に聞かせ、「この時代に破軍として生まれた意味を考えよ」と諭す。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第拾弐幕 月下の煌き

友情と宿命のはざまで揺れている劉煌。星の宿業に従い破軍と貪狼の衝突を防ぐためには、岱燈を裏切ることになるかもしれない。兄のように慕う典医の将鶴に相談しても、劉煌の悩みは深まる一方だった。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第拾参幕 二天神尊

慶狼率いる玄狼党の軍が統悠寺を襲い、岱燈たちは統悠寺の修行場「寂光窟」へと走り難を逃れる。自らの出生に関する事実に苦悩する劉煌は、逃げる足元もおぼつかず、その時、岩壁を突き破って慶狼と孔凋が現れた。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第拾四幕 闘牙回頭

気がつくと「闘牙」の船上にいた岱燈。玄狼党の襲撃から何とか逃れることができたようだ。岱燈は、自らが破軍であるため紅英や周囲の人々の運命を狂わせてしまったと思い込み、苦悩するのだった。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第拾伍幕 破軍の道標

岱燈は破軍としての宿業の重さに耐えられず、自らの星を否定し、そのせいか操気法が使えなくなってしまった。苦悩する岱燈に虎楊は、「あの山の頂から見えるもの。それがひとつの答えだ」と道を示す。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第拾六幕 天食む貪狼

汰臥帝は慶狼の娘・侘姫との婚姻を宣言し、帝国を立て直す決意をする。一方岱燈たちは、村を焼き払った盗賊・馬五兄弟率いる馬頭門と出会ってしまう。岱燈は外側から国を変えるため、まず目の前の馬頭門と対決する。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第拾七幕 父子の絆

岱燈たちは蓮通寺に到着。翌日、久々に父・曹栄と2人で見回りに出た岱燈は、汰臥帝と出会ったいきさつを曹栄に話した。すると曹栄は「今ならもう話してもいいだろう」と岱燈の出生の秘密を語りだす。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第拾八幕 蓮通寺炎上

玄狼党が蓮通寺を再び襲撃。趙香率いるくノ一軍団は寺に火を放ち、孫寧を捕らえる。孫寧を人質に取った趙香は「1人で来い」と岱燈に命じる。岱燈が孫寧のもとに着いたその時、孫寧は萬詳史明の気配を感じ取る。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第拾九幕 わかたれし星

ある村に立ち寄った岱燈たち。聞けばこの村の鉱山に新たに金鉱脈が発見され、自分たちで鉱山を守りながら今は汰臥帝の婚姻のための貢ぎ物を採掘していると言う。そこに玄狼党が現れ、岱燈は村人を守るために戦う。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第弐拾幕 動乱の幕開け

汰臥帝と侘姫の婚姻により皇帝の義父となった慶狼は、宮中を掌握するため政敵である闘核に謀反の濡れ衣を着せる。そのため闘核は統悠寺に幽閉され、もはや宮中は慶狼の意のままとなってしまう。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第弐拾壱幕 悲憤の白衣

ついに慶狼は力ずくで天意をも曲げたのか賢嘉爛舞を抜いた。一方、史明は独自の思惑で岱燈と慶狼を激突させようと企てていた。執拗な挑発にこらえかねた岱燈は史明を追い、森に足を踏み入れる。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第弐拾弐幕 帝都錯綜

賢嘉爛舞を抜いて見せた慶狼は、汰臥帝に譲位を迫っていた。しかし汰臥帝は岱燈との約束を守るため、頑として受け入れなかった。このまま譲位しないとなれば、慶狼は汰臥帝を処刑するのではと思われた。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第弐拾参幕 激突

再び拳を交える岱燈と劉煌。迷いが見える劉煌に対し、岱燈は闘いを楽しんでいた。劉煌も岱燈に感化されたのか、いつしか2人は宿業も大義も失せていく。そして互いの渾身の一撃がぶつかり、ついに闘いは決着を見た。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第弐拾四幕 暴走せし宿業

慶狼は人々の前で賢嘉爛舞を抜き放ち即位を宣言。人々は割れんばかりの歓声で新皇帝・慶狼を讃えた。しかし次の瞬間、一転して広場は地獄と化す。あろうことか慶狼は、屍人による無差別虐殺を開始した。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第弐拾伍幕 貪狼神

劉煌はもはや慶狼に従う気がない旨を趙香に告げる。その時、慶狼の魔眼が怪しく光った。一方、洛昌に着いた岱燈たちは、以前とは全く違う街の様子を目撃。表通りはがれきと屍人で埋め尽くされていた。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

終幕 演武の果て

謁見の間にたどり着いた岱燈は、ついに慶狼と対峙する。岱燈は渾身の操気法、内伝の一撃を慶狼に放つのだが、魔剣・萬祥史明をもその身体に取り込んで人間を超越した慶狼の力は、あまりにも強大だった。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です