京極夏彦 巷説百物語|アニメ無料動画を合法に視聴する方法まとめ

©京極夏彦/TMS・東宝・CBC・RKB・RCC

 

\この作品のおすすめサービスランキング/
配信サービス 配信状況 無料期間
アニメ放題 見放題 1ヶ月間無料
月額400円
▶ 今すぐ再生

 

話数 全13回
声優
キャスト
(又市)中尾隆聖
(おぎん)小林沙苗
(長耳)若本規夫
(山岡百介)関俊彦
(白庵/黒庵)野沢雅子
(京極亭)京極夏彦
制作陣 監督:殿勝秀樹
原作:京極夏彦
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント
キャラクターデザイン:宮繁之
音楽:配島邦明
作画監督:石本英治、小山知洋、山崎健志

あらすじ
徳川幕府の安泰が揺らぎ始めた幕末の世。物書き志願の若者・山岡百介は妖怪譚を集めるため諸国を巡る途中、謎の三人組と出会う。彼らは闇に葬られた事件を請け負い、裁かれなかった罪人に対して、妖怪の仕業に見立てた罰を与えることを生業としていた。

\この作品のおすすめサービスランキング/
配信サービス 配信状況 無料期間
アニメ放題 見放題 1ヶ月間無料
月額400円
▶ 今すぐ再生
U-NEXT 見放題 31日間無料
月額1990円
▶ 今すぐ再生

第1話 小豆洗い

豪雨の中、僧侶の円海と共に備中屋で雨宿りをした百介。そこで百介は、徳右衛門という老人から妖怪・小豆洗いの話を聞かされる。するとその話が進むにつれて、次第に円海の様子がおかしくなっていき…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第2話 柳女

江戸の旅館・柳屋では、嫁いできた娘とその赤ん坊が次々と謎の死を遂げていた。庭の柳の木が嫁に嫉妬して、殺すのだと言われている。百介が柳屋を訪れたその時、また新たな花嫁が襲われようとしていた。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第3話 白蔵主

小狐を猟師に殺された化け狐が寺の和尚に化けて、その猟師に殺生をしないように諭したという白蔵主伝説。百物語に適した話があると誘われ、山へ訪れた百介は、正にその伝説に出てくるような猟師・弥作と出会う。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第4話 舞首

浜辺の村で百介が出会った美女・お吉は、実の娘に欲情する父・又重郎から追われている身だった。お吉は父と自分との浅ましい姿を、妹のお玉にだけは知られたくないと思うあまり、とんでもない行動に出る。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第5話 塩の長司

行き倒れた揚げ句、馬飼いの塩屋長次郎の屋敷で介抱された百介。馬の肉を食べさせられた結果、百介は激しい腹痛に見舞われてしまう。すると同時に、主人の長次郎も腹痛に苦しんでいたのだが、長次郎が食べた肉は…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第6話 芝右衛門狸

人形浄瑠璃の芝右衛門一座の周囲では、辻斬りが横行していた。一座には、自分の正体は狸だと明言する若侍がおり、彼の足は頑丈な鎖に繋がれている。百介はその若侍に同情するが、辻斬りの正体はこの男だった!

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第7話 帷子辻

京都の帷子辻では、次々と女性の腐乱死体が捨てられるという怪事件が起きていた。百介は与力の笹山玄蕃、緒方佐十郎と共に、事件の解明に当たる。すると山猫廻しのおぎんにそっくりな死体が目の前に…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第8話 野鉄砲

八王子に住む百介の兄・軍八郎の同僚が、額に石を打ち込まれて殺されてしまった。この事件に遭遇した百介は、妖怪・野鉄砲の仕業だと判断する。しかし山狩りに向かった軍八郎たちを、別の野鉄砲が狙っていて…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第9話 孤者異

三度目の打ち首からも甦った稲荷坂の祇右衛門は、妖怪・狐者異だと噂されていた。しかも祇右衛門は、大店の1人娘だったおぎんの両親を殺した犯人らしい。おぎんは今度こそ、祇右衛門を仇討ちしようとする。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第10話 飛縁魔

逃げた花嫁・白菊の捜索を依頼された百介は、白菊を知る僧・良順を訪ねた。するとその良順を、白菊の幼なじみである龍田が狙っていた。実は龍田は、白菊を焼き殺した上にその名を語り、悪事を重ねていた。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第11話 船幽霊

海上で船幽霊に襲われ、海に投げ出されてしまった百介。百介が流れ着いた島には、川久保一族が代々守ってきた究極兵器・飛火槍が眠っていた。そしてついに、その恐るべき威力が発揮されてしまう!

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第12話 死神或いは七人みさき(前編)

百介は元北林藩士の東雲右近から、「七人みさき」の祟り話を聞く。7人の死神が鼠算式に次々に人を殺していくというものだった。すると百介は、それが無残絵と関係していることを見抜き、すぐさま北林藩に向かう。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第13話 死神或いは七人みさき(後編)

北林藩主・景亘は、配下の者たちを使って残虐の限りを尽くしていた。しかも最近では飛火槍まで手に入れ、全てを破壊し尽くそうと企んでいる。又市一味と百介は、景亘の企みを何とか阻止しようと奮闘する。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です