まんが日本史|アニメ無料動画を合法に視聴する方法まとめ

©中部日本教映

 

\この作品のおすすめサービスランキング/
配信サービス 配信状況 無料期間
U-NEXT 見放題 31日間無料
月額1990円
▶ 今すぐ再生

 

話数 全30回
声優
キャスト
制作陣

あらすじ
数万年前から近代までの日本の歩みをアニメで振り返る。今回は摂関政治の始まりから、藤原氏の独裁政治、平将門の乱、花開く王朝文化、武士の起こり、保元・平治の乱、平氏の繁栄、源氏の旗揚げ、源平の合戦、鎌倉幕府の成立までの日本史を描く。

\この作品のおすすめサービスランキング/
配信サービス 配信状況 無料期間
U-NEXT 見放題 31日間無料
月額1990円
▶ 今すぐ再生
アニメ放題 配信なし 1ヶ月間無料
月額400円
配信なし

お好きな所へジャンプできます

#1 日本の誕生-原始時代の生活-

人類は大陸から移動してきた獲物を追って日本列島にやってきた。これが日本人の先祖である。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#2 幻の邪馬台国-女王卑弥呼-

稲作が始まり、人々の暮らしは豊かになったが、やがて村と村が争い、国ができ上がっていった。そして国と国とが常に争う時代になり、邪馬台国が誕生した。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#3 大和朝廷の成立-古墳と大王たち-

6世紀になると大和の国は王位を巡って豪族の間で争いが絶えなかった。豪族たちは越前から男大迹王を迎えた。男大迹王は大和を平定した。大和朝廷の成立である。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#4 聖徳太子の理想-中国文化と仏教の伝来-

仏教に深い理解を示し、政治に高い理想を持っていた聖徳太子は、女帝・推古天皇を補佐。中国の進んだ文化、政治を取り入れて国家の基礎を作った。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#5 大化の改新-中大兄皇子と藤原鎌足-

聖徳太子の死後、朝廷では蘇我氏の勢力が強くなり、蝦夷・入鹿親子が横暴をほしいままにしていた。そんな時、中大兄皇子と中臣鎌足(後の藤原鎌足)が出会った。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#6 壬申の乱-新しい国家の誕生-

天智天皇の後継者には弟の大海人皇子が最も有力だったが、天皇の死後、大海人皇子と天皇の子・大友皇子の対立が激化。ついに大海人皇子は大友皇子を亡ぼした。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#7 大仏開眼-仏教文化と奈良時代-

平城京への移転後、巷には浮浪者の行き倒れが多く出た。聖武天皇は仏教の力を借りて社会不安を取り除こうと全国に国分寺を建て、大仏を建立することにした。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#8 鑑真和上の来日-遣唐使と中国文化-

733年、遣唐使船が唐に向かった。その船に、栄叡と普照という二人の僧侶が乗っていた。二人は唐の国から徳の高い僧を招くという大事な役目を持っていた。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#9 道鏡の野心-貴族と僧侶の争い-

8世紀の中ごろ、藤原仲麻呂は太政大臣として政権を握っていた。この頃、僧侶として頭角をあらわしたのが弓削道鏡である。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#10 桓武天皇と平安京-坂上田村麻呂の蝦夷平定-

朝廷は東北地方の住民を支配しようとしており、住民たちは反抗して叛乱を起こした。桓武天皇は坂上田村麻呂を征夷大将軍に任命し、蝦夷平定を命じる。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#11 摂関政治の始まり-燃える応天門-

858年、藤原良房の孫に当たるわずか9歳の惟仁親王が即位する。後の清和天皇である。そんな時、清涼殿の応天門が何者かに放火され、燃えるという事件がおきる。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#12 藤原氏の独裁政治-菅原道真の怨霊-

藤原氏は朝廷と姻戚関係を深め、ますます権力をほしいままにしていた頃、菅原道真は宇多天皇に認められ、出世していくことに。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#13 平将門の乱-立ち上がる地方の豪族-

9世紀の半ばになると律令制は崩れ始め、地方では新しい土地を開墾して力を蓄える豪族たちが増えるようになる。そして関東から平将門が現れる。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#14 花ひらく王朝文化-清少納言と紫式部-

ちょうど1000年ごろ、それまで大陸の唐に大きく影響されていた日本の文化に独自のものが生まれ始め、漢字をくずした「ひら仮名」や「かた仮名」が生まれる。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#15 武士のおこり-荘園と藤原氏の衰え-

平将門の乱の後、平氏が大きな勢力を持つようになった。そんな平氏の土地を取り上げようとした国司に、平忠常が叛乱を起こし、これを源頼信が討伐する。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#16 保元・平治の乱-貴族と武士の争い-

白河上皇の時から始まった院政は、1156年には崇徳上皇と後白河正皇との間で深刻な対立を生んだ。この対立はやがて、藤原氏や源氏・平氏を巻き込んだ戦い「保元の乱」に発展する。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#17 栄える平氏-後白河法皇と平清盛-

平治の乱で大きく力をのばした平氏一族は、京都の六波羅に多くの屋敷を作って住んでいた。そんな中、平清盛は参議となり、藤原貴族に代わって権力の座につくことになる。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#18 源氏の旗あげ-源頼朝と東国武士-

平氏は全盛時代を迎えていた頃、平治の乱で伊豆に流された源頼朝は、北条時政に養われて時の来るのを待っていた。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#19 源平の合戦-義経の奮戦と平氏滅亡-

伊豆で頼朝が兵を挙げた頃、木曽の源義仲は京へ攻め入る。そして平氏一門は安徳天皇と共に西国へ落ち伸びるが…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#20 鎌倉幕府の成立-武家政治と封建制度-

頼朝は鎌倉にはじめての武家政権の幕府を開き、着々とその基礎を固めていく。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#21 源氏の滅亡-北条政子と承久の乱-

源頼朝の死後、二代将軍・頼家は伊豆に流され殺される。頼家の弟・実朝が三代将軍になるが、政治の実権は義時に握られ、北条氏による執権政治が始まる。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#22 蒙古襲来-国難と北条時宗-

1268年、中国大陸一帯を支配していた元の皇帝フビライ・ハンは日本を征服しようと鎌倉幕府へ使者を送る。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#23 鎌倉幕府の崩壊-御家人の不満と広がる内乱-

後醍醐天皇は幕府を倒そうとするが、計画が事前に漏れ失敗。1331年に再び倒幕の兵を挙げたがこれも失敗して隠岐島に流されることに。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#24 建武の新政-後醍醐天皇の理想-

幕府崩壊後、後醍醐天皇は京都に戻り、翌年には年号を建武と改めて自ら政治を行うことに。しかし公家中心の政治は武士たちの不満を生み、足利尊氏は鎌倉で兵を挙げる。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#25 南朝と北朝の対立-足利尊氏幕府を開く-

京都を追われた後醍醐天皇は吉野に逃れ、仮の御所を開く。京都では尊氏の後押しで豊仁親王が即位し光明天皇となる。これが吉野の南朝と京都の北朝である。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#26 南北朝の統一-室町幕府の基礎固まる-

二代将軍足利義詮は守護大名の問題と、南北朝の争いを解決できないまま亡くなる。その後、三代将軍になった義満は京都の室町に幕府を移して政治を行う。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#27 室町幕府の繁栄-足利義満と北山文化-

室町幕府の基礎を固めた義満は禅宗の寺を保護し、そこから五山文学と呼ばれる優れた漢文や詩文が生まれ、室町文化の特色のひとつとなる。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#28 ゆれる室町幕府-正長の土一揆-

足利義満の死後、義持が四代将軍になると、弟の義嗣の間に争いが起こり、義嗣を殺害。義持は北山山荘を取り壊し、明との貿易を中止。結果、幕府は財政難となる。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#29 応仁の乱-内乱と下剋上-

8代将軍・足利義政の時代になると社会不安は更に増し、一揆がしきりに起きたが、義政は贅沢な暮らしを続けたため、幕府の財政はますます苦しくなることに。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

#30 立ち上がる民衆-東山文化の輝き-

応仁の乱の後、幕府の力は衰退し、人々の暮らしは一層苦しくなっていく。その状況下で土地を荒らされていた人々が一揆を起こすことになる。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です