昭和元禄落語心中|アニメ無料動画を合法に視聴する方法まとめ

©雲田はるこ・講談社/落語心中協会

 

\この作品のおすすめサービスランキング/
配信サービス 配信状況 無料期間
FODプレミアム 無料見放題 2週間無料
月額888円
▶ 今すぐ見る

 

話数 全13回
声優
キャスト
(与太郎)関智一
(有楽亭八雲/菊比古)石田彰
(助六)山寺宏一
(小夏)小林ゆう
(みよ吉)林原めぐみ
(七代目有楽亭八雲)家中宏
(松田)牛山茂
(アマケン)山口勝平
(ヤクザ兄貴)加瀬康之
(アニさん)須藤翔
制作陣 監督:畠山守
原作:雲田はるこ
アニメーション制作:スタジオディーン
キャラクターデザイン:細居美恵子
音楽:澁江夏奈

あらすじ
刑務所の落語慰問会で見た大名人・八雲の「死神」が忘れられず、出所した与太郎が真っ先に向かった先は寄席だった。拝み倒して八雲の住み込みの弟子となった与太郎だが、八雲の元では小夏という女性が暮らしていた。八雲と小夏には因縁があるらしく…。

\この作品のおすすめサービスランキング/
配信サービス 配信状況 無料期間
FODプレミアム 無料見放題 2週間無料
月額888円
▶ 今すぐ見る
U-NEXT 無料見放題 31日間無料
月額1990円
▶ 今すぐ見る
TSUTAYA DISCAS 無料DVDレンタル 30日間無料
月額1865円~
▶ 今すぐDVDを
無料レンタルする

第一話

元チンピラの与太郎は、刑務所の慰問で聞いた八代目有楽亭八雲の落語「死神」が忘れられず、出所後、八雲の寄席に向かった。一方の八雲は、落語に打ち込みながらも、さまざまな因果を抱えていた。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第二話

八雲が話す助六との「約束の噺」。若き日の八雲・菊比古は七代目八雲に弟子入りした日、後に助六となる少年に出会う。彼は名跡を継ぎたい一心で八雲を訪ね、巧みな噺で菊比古と師匠を引き込んでしまう。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第三話

菊比古は初の高座で初太郎との実力差を痛感。廓噺や艶笑噺を初太郎に勧められるが、余裕がない。どんな噺が自分に向いているのかおぼつかないままだった。さらに学校もあり、初太郎との差は開くばかりで…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第四話

二つ目となった菊比古と初太郎は、師匠の家を出た。初太郎は助六を襲名してから、上り調子。その話しぶりには、菊比古も舌を巻くばかりだった。一方の菊比古は助六の食いぶちまでも稼ぎ、ろくに稽古もできない。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第五話

寄席が終わると酒を浴び、女を抱きかかえて機嫌の助六。遊んでいても仕事が入る助六に、菊比古はいら立ちを覚えながらも、順風満帆の彼が羨ましかった。菊比古は鹿芝居の稽古もうまくいかず焦るばかりだった。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第六話

鹿芝居の成功に気を良くする菊比古。自分の一挙手一投足にみんなが心を動かす様子は格別なものだった。同じような経験を戦地の兵隊の前でしたという助六。それ以来、人のために落語をやると決めたと言うが…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第七話

自分の落語を見つけ、売れっ子になった菊比古。みよ吉と逢瀬を重ねても、落語のことばかり考えていた。みよ吉は寂しがるが、菊比古にとっては充実した日々だった。一方の助六は人気にかこつけてやりたい放題で…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第八 話

七代目と菊比古の地方巡業は大盛況だった。七代目も菊比古の成長に満足し、真打昇進も視野に入れる。一方、助六を真打にするのは、骨が折れるのだと言う。当の助六は、みよ吉から意外な事実を聞かされていた。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第九話

七代目の尽力もあって、菊比古と助六は揃って真打に昇進した。披露公演も大盛況を収めるが、助六がまた問題を起こす。落語協会会長の嫌味に腹を立て、会長の十八番を勝手に披露してしまったのだ。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第十話

おかみさんとは、落語の辛さも楽しさも一緒に分かち合った助六だったが、別れがやってきた。弟子入りを望む者やマスコミは嫌というほどやってくるのだが、大切な人たちはどんどん去っていってしまう。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第十一話

温泉街のそば屋で出会った少女・小夏は助六とみよ吉の子供だった。菊比古は彼女の案内で助六と再会。だが彼は落ちぶれていた。みよ吉に落語を辞めさせられ、仕事をするでもなくその日暮らしという有様だった。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第十二話

温泉街の旅館で小さな落語会が開催されることに。菊比古も小夏も松田も、みんなが高座に上がる助六の姿を待ち望んでいた。一方、助六は落語を愛する客の温かさに触れたことで、改めて落語と人との繋がりを実感する。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

第十三話

菊比古の仕事は、時代に流されない落語を残していくこと。助六の仕事は、時代に合わせた落語のために自分が変わっていくこと。2人は落語のために生きた。そして菊比古は、とうとう八雲の名前と向き合う時が来て…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です